こんな家に住みたい

収納が至るところにあるのがわからないような家が理想です

我が家は注文住宅で建てました。住宅づくりって、ただ単に家だけを見ていてはいけないと思うんですよね。大切なのはその環境に適合した造りの注文住宅であることです。環境にマッチしていると、建てた後の満足度が上がると思うからです。なぜこのようなことを言うかと言うと、今ある近所に最近注文住宅が建ったのですが、とてもきれいであるにかかわらず、地域の環境から浮いてしまっている印象があるからです。家づくりって家だけ見ていてはダメだという象徴のように思えました。

一般的に「本当に満足する家に住むには3回家づくりが必要だ」というのをどこかで耳にしたことがあります。本当にそのとおりなのかもしれません。我が家の注文住宅はまだ1回目の築浅ですが、やはり不満足に思っているところが2、3箇所はありますからね。

もし自分が再度注文住宅で家づくりをする機会がもてるとすれば、必ず見落としたくないのがたっぷりの収納スペースです。理由は、物が多いとそれだけで部屋のスペースが狭まって窮屈さを感じてしまうのでもったい気がするからです。家の至る所で収納スペースが設けられるような注文住宅が理想です。理想は各部屋(キッチンやトイレの床下、階段なども含む)に最大限の収納スペースを設けることです。

とくに家族が増えると、物はどんどん増える一方なので、収納スペースがあると物が増えてもしばらくは気になりませんよね。人を招いたときに、「えっ、もしかして今はやりのミニマリスト?」と言われるくらい片付いていると思わせるような部屋が各部屋に装備されていたらこれほど気持ちのよいことはありません。ただ、収納スペースというのはどうしても湿気が籠りやすいという印象があるので、その収納スペース内でうまく換気機能が働いていたらなおさら嬉しいです。

注文住宅で一番強調したいのは収納スペース確保ですが、それ以外は天井高めの空間を与えてくれるようなところだとさらに快適さが増しそうな気がします。最終的にはコストとの闘いとなりそうですが、これが私が現在目指している注文住宅です。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: