こんな家に住みたい

わくわく理想の家づくり

私はマイホームを建てる予定の主婦です。3歳児と0歳児の子供をもつ4人家族です。現在はアパートに不自由なく暮らしていますが、家族も増え、将来を見据えてマイホームを考えるようになりました。注文住宅で考えている私の理想とする家づくりについてご紹介させていだたきます。
私が家づくりで主に大切にしていることは3点あります。
1点目は、「環境の良い家」です。家の外の環境では、スーパーや学校、病院や公共交通機関の近い場所に住むことは理想的です。私はそれに加え、交通整備の整った環境で暮らしたいと考えています。現在私の住んでいるところは自然豊かで小学校や中学校も近く、子供にとって良い環境の面もありますが、歩道が確保されていない狭い道が多くあり、自動車の交通量も多いので、子供一人で歩かせるには怖く危険な面もあります。街灯も少ないので夜になると暗く危ないと感じることもあります。子供が小学校や中学校にあがると、友達と公園に遊びに行ったり、習い事で薄暗い中帰ってくることも想定できます。せめて子供の行動範囲内は、横断歩道に信号機が設置されており、ゆったりとした歩道がきちんと確保されているなど、道が整備された安心して暮らしていける環境が理想です。また、家の中の環境では、子供も小さいので角を丸くした設計や、日当たりや風通しが良く健康に暮らせる環境、また、老後を見据えてバリアフリーにしたり、キッチン、トイレやお風呂もスペースをゆったり確保するなど、年齢が変わっても長く住みやすい環境の家づくりを考えています。
2点目は、「家族が集まれる空間づくり」です。現在は1LDKのアパートに住んでおり、家族が一つの部屋で過ごして暮らすことができています。今は子供も小さいので現在のアパートで十分満足ですが、将来的には子供部屋や主人のくつろげる書斎が欲しいということもでてくるでしょう。現在の家では将来的に狭くなってくると考えられることも、マイホームを計画した一つの理由です。ただ、現在の家族が集まって暮らしてるスタイルはずっと続いていって欲しいと考えます。子供が小さいうちは一つの部屋を一緒に使い、将来的に必要になったら同じ部屋を区切って分けれるようにしたり、家族が集まれるようリビングを中心とした部屋の設計でキッチンからも様子が見えるなど、家族の存在を感じながら温かく暮らせる空間づくりをしていきたいです。
3点目は、「親戚が遊びに来れる家」です。将来子供が巣立ち孫ができた時には、気軽に遊びに来れるように、最低でも2台は駐車スペースを確保し、庭では親戚でバーベキューをしたり子供たちが遊べるスペースを作ることが理想です。
以上のように、家は大きな買い物であり、長く使っていくものなのでたくさんの理想があります。注文住宅で、より理想の家づくりに近づけていけることがとても嬉しいです。理想とする家で健康的に長く暮らしていきたいものです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: